正絹を兵児帯をセットにしても基本あまり売れません

・男性用着物の相場の基礎知識

家に置いてある着物を売りたい。そんな時はこう言ったサイトなどでも一回おさらいしましょう。

まず着物でも正絹(しょうけん)と言う素材があります。正絹とは高級素材絹100%使われた着物です。

男性物の着物を売りたいと言う時は兵児帯と言う言葉も覚えておくと便利でしょう。兵児帯(へこおび)とは男性用の着物の帯のことです。

兵児帯は成人式や卒業式でしか使わない女袴と違い使う場所が限定されないので一見売れやすい印象があるのですが、残念ながら小紋の反物の場合と同様に、買取業者の間ではあまり注目されていない種類のようです。オークションで数千円で買い取ってもらえる事のほうが期待できるとまで言われています。

使っていないものはリサイクルショップで100〜1000円程度で売られている程、販売サイトでは中古の男性用正絹兵児帯3000円程度です。

恐らく兵児帯は使い勝手が良いから返って多く出回り売れにくいと言う現状があるかもしれません。

・売るのはスペース目的で

兵児帯で単体で売れにくいのならセットにして売ると言う方法があります。
その観点で次のを見てみましょう。

着物買取 京都高級呉服買取センターでは、宅配買取や店頭買取、訪問買い取りなど、様々な買い取りの仕方で対応しています。

宅配買取は遠くに住んでいたり近くにリサイクルショップなどもない地域に住んでいる方用、店頭買取は反対に近くにリサイクルショップや着物専用買取店があるから早く売り払いたい方用になります

また訪問買い取りは高級着物であるため一回来てもらって査定して欲しい人ようです。正絹がまさにそれに当たります。

大島紬や結城紬と言った有名産地の着物が高く買い取られるようです。ただしそう言った産地名の書かれた証明が付いていないと高く買い取ってもらえません。

そして証明も付いてるのでセットで高く売れるかと言うと、残念ながら違うものもであるようです。
着物の買取相場は極端に激しく1割りになったり5分の1以下にもなったりするようです。

その理由としては着物も洋服と同様流行り廃りに左右される世界である事が考えられます。

流行り柄は高く売れますが古い柄は低くなり、また古いものは良い保存で状態確保が難しいと言う一面もあります。

着物関係ならずとも、家にあるものを売ると言うのはそこまであまり買い取り価格に期待できないと言うのが現状です。

着物の買い取のは家のスペースを空けるためと割り切るしかないようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
FX取引を始めたトレーダー

このページの先頭へ