正絹及び振り袖のあれこれ

正絹及び振り袖の基礎知識を紹介します。

正絹は綿100パーセントの高級素材の着物の事を指します。

振り袖とは袖の長い着物のことを指します。また振り袖は大体一万円で売れるようです。 ちなみに帯物は数千円台となります。有名な振り袖は正絹であると差し支え無いと思います。

さらに著名ものなら数万円〜10数万円すると値段が跳ね上がります。そして正絹の帯や足袋といった物をセットにして売れば少々買い取り価格が上がる模様です。

振り袖の買い取りの流行しては『[着物買取【お着物の処分にお困りなら買取実績NO.1】の福ちゃんへ]』では、垂れ桜や振袖十日町友禅や黒ぼかしなどが人気があるようです。

・振り袖のデザインの幅広さ

先ほどの「垂れ桜や振袖十日町友禅や黒ぼかし」などの文字を見て様々な種類があると思った方もいると思いますがそれも当然のようです。

振袖は古来、踊り子の様々な葛藤をデザインに込めたようでそれが転じて未婚の女性が着物として取り入れたようです。
やかで厄払い・清めと言った儀式として使われるようになり、女性の様々な感情を元に幅広いデザインが作られたと考えられるからです。

また大振袖と呼ばれる袖が特に長い振り袖は、格調高く結婚式で花嫁を堂々とした存在感で見せます。

そしてそう言ったまじない的や見た目としての目的に限らず形としても、脇が開いていると言う個性的な特徴がありますが、それは体温を言っているするための目的もあり女性に限らす、男性のかたもその機能性を好んで愛用しています。

・様々な大事な形で引き取られる着物

「着物買取専門忠右衛門 きものリサイクル」では現金買取や委託預かりも行っています。
現金買取は「専門スタッフが、お荷物が到着した当日、もしくは翌営業日にはお客様の和服・着物をお見積もりの上、ご連絡いたします。」

委託預かりでは「お客様の着物・和服を4ヶ月間お預かりし当店が販売いたします。」と詳細な買い取り内容を書いています。

また、まんがく屋では状態が少々悪くても買い取れると謳っています。キレイなデザインの振り袖でも着る機会がなくて勿体無いと言う方はこの際査定してもらってはいかがでしょうか?

このように振り袖の価値を思い出も含めて分かってもらう買取業者に、査定してもらえば幸せなことかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
FX取引を始めたトレーダー

このページの先頭へ