袴の基礎知識と相場と売り方について

・袴の基礎知識

袴とは着物の上から履くものです。洋服で言うとズボンやスカートと同じような立ち位置です。
袴も時代と共に形が多様化され、後ろ板と言う背中につける板もあり、姿勢が自然と正しくなる効果があります。

着物の買い取り業者は振り袖と袴のワンセットで買い取っている所が多いようです。
洋服の場合はTシャツやスボンときっちり分かれて買い取ってくれると思いますが、そこが買い取りの面での洋服との違いにもなります。

そして袴も汚れや柄や産地、証明書を見て最終的な査定価格を割り出します。ちなみに高く買い取ってもらう大前提が正絹と言う綿だけで作られた高級素材であること。産地や作家の名前が分かる証明書が付いていることです。
(ちなみに値段が付かないものは無料で引き取る形となります。)

・楽天市場での相場など

詳しい相場の世界を覗いて見ましょう。まず楽天市場の相場では、数千円から数万円の間で取引されています。数千円タイプでも色が鮮やかですし好きな刺繍違いから選べるのが便利です。(http://item.rakuten.co.jp/kyoetsu-orosiya/mujihakama04/)

またオリジナルブランドである事を銘打っている場所もあります。オリジナルブランドであれば、他の人と袴のデザインが被ったと言う確率も低くなります。
(http://item.rakuten.co.jp/wanadesiko/re-h-ky0110/)

・オークションでの相場について

着物の柄は現代でも流行り廃りに左右されやすいもので、流行遅れの柄は安く買い取られてしまいます。ですので古い袴は状態保存の他にそう言った麺で見られて安く見積もられることもあります。
そこでオークションサイトに出品すると言う手があります。

楽天オークションで見ると即決価格5000円で売られてる袴も多いです。
しかし写真の写し方のせいか?楽天市場で見た時より地味に見えます。(モデルの写真も目立っていません。)

ただ着物の魅力が伝わりにくくても(販売してしている業者はプロですので当然なんですが)その値段で売れると言うことを暗喩に語っていると考えられます。それなりに高く買い取ってくれるかもと期待しましょう。

ちなみにオークションサイトではないのですが「スピード買取.jp」に買い取ってもらう方法もあります。そこでなど24時間見積もり申し込みをしているほか、最短30分で高額で引き取ってくれていたりもするようです。

 

ちなみに男性袴も高いですが、需要としては女袴の正絹の買取は割と難しいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
FX取引を始めたトレーダー

このページの先頭へ