正絹の着物は売れて数万円。長襦袢はあまり売れません

・着物の買い取りの基本知識

長襦袢などの正絹の買取相場が気になっている方がいると思います。
まずは着物自体の売却の基本を紹介できたらと思います。

まず古い物でも変色や汚れなどのない状態の良いものだったらちゃんとした値段で売ることが可能です。なぜなら着物は手提げバッグなど別のものとして作り替えることが可能だからです。(ちなみに長襦袢はは腰紐になるようです。)

査定の断りをなしでちゃんと引き取ると謳っているサイトが有り安心てぎます。

売却としては使っていなかたり汚れもないものは高く買い取ってくれる傾向にあります。

ちなみに著名作家の着物、名産産地の着物は高く売れます。(落款や証紙があるとより高く売れやすいです。)

・正絹と長襦袢を売るなら

まずは正絹と長襦袢の基礎知識をおさらいしましょう。

正絹とは繭の絹100%で作られた着物のことを言います。
長襦袢とは保温効果も兼ねた和服の際の下着のことです。

そして正絹を得る場合、訪問着は仕立上りであるならば約30,000円から、正絹袋帯は同じ仕立上りであるならば8,000円からするそうです。(ちなみに袋帯とは高級品のフォーマンな帯のことです。)

ただ実際に業者に売りに出した人からによると、状態の良い正絹でも最大3000円で、数万円の値段を出すなら著名や有名産地でないと無理と言われたようです。

査定してこう言った値段を言われた場合にはオークションに出して、3000円以上の値段で買い取ってもらったほうが無難かもしれません。

そして長襦袢自体は買い取ってくれる所が殆ど無いようです。長襦袢は下着に当たるためそれが引っ掛かるようです。(確かに長襦袢一枚○○円と謳っている所はあまり見かけません)ですが着物とセットにしてみんな売っているようです。

・お金以上の価値を見出しましょう。

皇室にも届けられるような上等の正絹でも、売るのなら結構低い値段になると言われています。またその値段になってしまうのなら着込んだほうがよっぽど価値があるとも言われています。

確かに着物は多くの時間と予算をかけて作り上げるものです。買う方もそれに合った値段で購入しないといけませんし、複雑な技術が使われて重い物をいざ売ろうとしても、「着物の製作にかかった時間もお金に換えることは出来ない」と言われるかもしれません。

それでももし売るのなら価格は相場はあまり気にしないで売って、先ほどの手提げバッグや、長襦袢なら腰紐になるといったリメイク物として作られることを楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
FX取引を始めたトレーダー

このページの先頭へ