高く売れる正絹の着物の条件

・高く売れる可能性のある正絹の条件

未使用の着物の正絹を売りたい方はいると思います。そこで高く売れる可能性のある着物の正絹の条件をお教えします。
まず正絹(「しょうけん」と呼びます。)とは繭から作られた絹100%で作られた着物のことを言います。柔らかい着心地がありますが反対に日光や水に弱い欠点があります。

未使用の正絹やシミと言った汚れのないものは高く売れる可能性がありますが、たとえ未使用でも汚れや変色が酷かったりするものは高く売れません。

 

他に高く売れる可能性のある正絹としては著名な方が手がけた着物、有名な産地で作られた着物であると良いです。(落款と言う赤い証明印や証紙があればなお良いです)

そして丈長の着物も期待できます。

また喪服など黒くて無地の着物や羽織もの長襦袢は高く売れにくいです。

ちなみに正絹じゃないウールや化繊(ポリエステル)などの安物はやはり高く売れません。

 

・専門の買取業者で売りましょう。

正絹を売れる場所は主に専門の正絹の買取業者のほかに質屋やリサイクルショップなどがあります。
この中ではやはりに専門の買取業者の方が良いです。なぜなら開始価格も高いと同時に丁寧に扱ってくれるからです

・オークションで高くで売るコツ

近くに正絹を売れる環境がないと言う方もいると思います。その時はオークションサイトを使って売るのも手です。
そこでオークションサイトで売るコツを教えましょう。

 

まず、オークションで売る場合「送料無料」と言う言葉をつけたほうが良いです。訪問者はその言葉に惹かれてしまいますいし、特に離島の方は送料が高いのでこの言葉には助かります。

開始価格は1円にした方が訪問者が「安い順」に出品一覧を並び替えた場合一番上に来やすいのでお薦めです。

 

正絹を撮影する場合は照明は明るのに越した事はありませんが、反射しているなど明るすぎるのはNGです。
正絹と言った着物は細かい色合いや刺繍も見て欲しいのでそれが伝わらなくなっていたらちょっと本末転倒です。

取引で使う際の口座は多いほうが良いです。相手は振り込み手数料を安く済ませたいなど様々な理由で色々な口座を持っていますのでそれに対応するためです。

ちなみに某大手サイトが解説しているオークションサイトは最近、出品数の増加にともなって競争率が低くなり、安値で買われる傾向にあるようです。

メジャーなサイトはそれだけ訪問者の数も多いですが念の為、自分の売りたいサイトで正絹がいくらで落札されるか見たほうが良いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
FX取引を始めたトレーダー

このページの先頭へ